ひかり学園ロゴマーク

ツイッターでひかり学園を見る

おしらせ

メイン画像
算数文章問題を楽しく解く/ADHDの診断5年生
投稿:2018年11月15日

〈どんぐり問題 4MX94〉

ここは何でも屋さんです。

ここでは、お星様と黄金タコ焼きがよく売れます。

お星様2個と黄金タコ焼き3個では190億円、お星様3個と黄金タコ焼き5個では310億円です。

では、黄金タコ焼き1個は何円でしょうか。

小学5年生(発達障害、注意欠陥多動性障害ADHDの診断)ですが、中学2年生 連立方程式の文章問題でも、絵で楽しく解いてしまいました。描いた絵には、文章内容にはない、本人オリジナルのストーリーが加えられています。スケッチブック上部に描かれている スーパータウン と まち は違う世界で、その往来は看板下にある穴みたいなところからするそうです。面白い絵ですねぇ。※筆算がおまけのように書かれています。筆算は自分で大きく書き起こし、丁寧に計算する大切さをこれから伝えていきます。

 

どんぐり倶楽部HPより引用

*「計算問題は得意だけれども文章題は苦手」と平気な顔をして言う人がいますが、これは異常なことです。
反対に小学生が連立方程式を自力で、数字合わせではなく意味を理解して解くと「スゴイ」などと言われますが普通です。
絵図を描くことに慣れていると普通にできてしまいます。
目で考える(視考力を使う)ことは人間の持って生まれた得意技だからです。

 

どんぐり問題とは!以下のサイトを是非ご覧下さ~い。

糸山泰造先生代表のどんぐり倶楽部HP

金森明先生の地頭を鍛える学習教室

どんぐり寺子屋のびのびルーム

ホームページトップへ
新着記事
過去のお知らせ

お問い合わせページへ

ページトップへ